タダマンできた女

米子市の女とタダマン成功

みなさん、出会い系の醍醐味といったら、やっぱり「タダマン」ですよね?(笑)

 

でもみなさん、ほんとに「タダマン」したいですか?

 

ほんとにほんとにしたいですか?

 

したい?

 

わかりました。

 

それでは先週起こったぼくの「タダマン体験」をお話ししましょう。

 

その彼女とはわくわくめーるで知り合いました。

 

年齢は25才。彼氏いない歴半年。米子市在住の自称OLで、投稿内容は「大人の交際希望」でした。

 

タダマン

 

まあ、ようするに彼氏と別れて半年が経過し、そろそろチンコが恋しくなってきた、という状態ですね(笑)。

 

これは「タダマン」にはもってこいの女の子です。

 

というわけでレスを返すとさっそくLINEのIDを交換し、メールのやりとりが始まりました。

 

彼女がものすごくチンコに飢えてるってことは、もうメールの段階でわかっていました。

 

だって、まだメールを始めたばかりだっていうのに、

 

「昨日は眠れないから2回もオナニーしちゃった♪」

 

とか、

 

「もっと気持ちよくなりたくて、また新しいアダルトグッズを買っちゃいました♪」

 

とか、いっておまんこ写メまで添付してくるんですよ。

 

しかも、そのまんこがみずみずしいピンク色で、透明な愛液がたっぷりと溢れ、ものすごくエロいわけです。

 

写メ

 

うううううう! このまんこに入れてえええええ!

 

ぼくはその写メをみただけでたまらなくなり、3回もオナニーしちゃいました。

 

で、よせばいいのに、

 

「あんまりエロいおまんこしてるから、毎晩写メを見ながらオナニーしてます♪」

 

なんて、自分の射精チンコ写メまで送っちゃったんですね。

 

まあ、そんなことをやり取りしているうち、自然とお互いに会いたい気分が募って、早くも3日後にはアポ取りが成立しました。

 

彼女はぼくと会うために米子からでてくるといっています。

 

ぼくはより確実におまんこをするために、ぼくのマンションに泊まることを勧めました。

 

何もかもが順調にことが進んでいました。

 

ところが鳥取駅に降り立った彼女をみて、ぼくは愕然と立ち尽くしました。

 

彼女はドブスでした。

 

しかも、漫画家の蛭子能収先生にズラをのっけたみたいな、超絶的に気持ちの悪いドブスでした。

 

ぼくはこの女のまんこの可愛らしさに気をとられ、もっとも大切なポイントをチェックし忘れていたんですね。

 

ブスの女とセックス

 

それにしても見れば見るほどドブスです。とくに笑顔が最悪です。

 

こんなドブスのまんこを眺めながら何度もオナニーしていたのかと思ったら、叫びだしたいような衝動にかられました。

 

しかし米子くんだりから呼びだした手前、むりやり追い返すわけにもいきません。

 

ぼくは仕方なくドブスを部屋に入れると、心の中でマントラを唱えながら必死に腰を動かしました。

 

みなさん、これでもまだ「タダマン」したいですか?

 

管理人が使用しているサイトです

※初回はサービスポイントがついてくるので無料で利用できます。お試しで遊んでみてくださいね。

 

今月の人気記事

援交女ふた月ほどまえハッピーメールで、ある割り切りセックス目的の援交女子と知り合いました。彼女の年齢はまだ20才。鳥取市内の某私立大学の現役女子大生でした!部屋に彼女を呼んで大人の玩具でいたぶりながら満足させたら小遣いを請求され。本番セックスしながらハメ撮りしてタダマンです!(笑)

鳥取の女子大生と割り切りセックス



裏風俗米子市在住の援交女子と出会いました。29才の人妻です。待ち合わせ場所に現れた彼女は壇蜜に雰囲気が似たとびきりのエロエロ妻でした!細身で小柄なかわいい若妻さんはたまりません!

10000円で米子の人妻の援交女を部屋にお持ち帰り!


島根でエロい夜遊び体験記!素人と一泊できる最新エロ事情

出会い系で知り合った人妻のセフレ

鳥取駅前で待ち合わせたパンツ売りのギャル

初日にセックスしてくれる女の質(写メを撮ってきました)